政治・社会・文化

「更新しました」~キース・アウト

「日本経済の活力を削いでいるのは個人主義の欠如のためであり、日本はその教育の在り方を考え直さなければいけない」というが、ジョブズやザッカーバーグを生み出したアメリカの個人主義は、トランプや非科学的トランプ信奉者も生み出してるじゃないか kiet…

「プーさんはダースベーダーにしかなれない」~気になる東アジアの動向 

性格がしつこいので同じテーマで長々と書いていたら、 メモしておくべきさまざまなできごとが置き去りになってしまった。 中国や北朝鮮に気になる小さな出来事が続いている。 だから今のうちに、メモ、メモ・・・。という話。 (写真:フォトAC) 【死ぬ前の…

「その難しい世界に、私たちは子どもをいざなう」~反ワクチン派なぜかくも頑固なのか④(最終) 

インターネットのおかげで私たちの人間関係や活動範囲が広がり、 世界は狭まった。 しかしそれで人間たちは幸せになったのだろうか。 しかもその難しい世界に、私たちが子どもをいざなおうとしているのだ。という話。 (写真:フォトAC) かつて熱烈な進歩主…

「エコーチェンバーとフィルターバブル」~反ワクチン派なぜかくも頑固なのか③ 

インターネットこの方、世界はむしろ分かりにくくなった。 声が大きいだけなのか多数なのか。 そこにはネット特有の陥穽があり、 唯々諾々とはまってしまう恐ろしさがある。という話。 (写真:フォトAC) 【反ワクチンがワクチン派をノックする】 この夏、N…

「大切なのは自分がやったということ」~反ワクチン派なぜかくも頑固なのか② 

他人に押し付けられたことは長続きしない、 また、押し付ける側には何らかの意図があるかもしれない。 それに対して、自らの力で手に入れ、 自らの自由意思によって決めたことには価値がある、 そう考えることはあながち不条理ではない。という話。 (ヴィン…

「もっとも確かな知見がここにある」~反ワクチン派なぜかくも頑固なのか①

日本における新型コロナ感染拡大第5波が終息しようとしている。 それにしてもアメリカ合衆国の惨状はどうだ。 なぜ反ワクチン派は生まれたのか、 そしてなぜ彼らはかくも頑固なのだろうか。という話。 (写真:フォトAC) 【第5波が終わろうとしている】 …

「レジ袋有料化反対派はどこに隠れていたのか」~世論がどこにあるのか、何を見ればいいのか分からなくなった

白鵬は不人気な悪い横綱だったのか、 眞子内親王の結婚に国民は反対していたのか、 レジ袋有料化に反対者はいなかったのか、 若者の間に反ワクチンはどれほど広がっていたのか、 情報に多く接すれば接するほどわからなくなる現代の不思議。という話。 (写真…

「ハンスの見つけた子どもたち」~ハンス・アスペルガーは何をしたのか②

1930年代、オーストリアの医師ハンス・アスペルガーは不思議な子どもたちの存在に気づいた。 高い言語能力を持ち、知的にも問題の少ない自閉症児たち。 やがて彼は観察記録を論文にまとめ世に問うた。 それがいつか忘れ去られた。という話。 (写真:フ…

「もしかしたら放っておいても感染拡大は止まる」~人間関係の袋小路の話

8月半ば、新型コロナの感染拡大は、私たちを恐れさせるに十分な勢いだった。 ところが月末、今度は減少に転じるとその減り方も凄まじい。 もしかしたら私たちの人間関係は、 あちこちで袋小路になっているのかもしれない。という話。 (写真:フォトAC) 夏…

「9・11とアフガンの魔力」~20年目の9月11日に思ったこと 

アフガニスタンは本当に不思議な国だ。 1970年以降、平和だった時期はほとんどなく、 国民は半世紀にわたって苦難の日々を送っているというのに、 侵攻してきたソ連・アメリカを撃退し、 弱体化するだけの力を持っている。という話。 (写真:フォトAC)…

「更新しました」~キース・アウト

大阪府で、緊急事態宣言下であるのも関わらず、府の要請に従わなかった教職員が775名も処分された。深夜まで残業をして、それから夕食に向かっても二人以上だと処分対象となる厳しさだが、それでも絶対にやるべきではなかった。 kieth-out.hatenablog.jp

「ニーバーの祈り、私たちが変えられるもの」~日本人の自立と不羈について②

新型コロナが現実の問題となってはや1年数カ月。 人々は既に耐え難くなっている。 だからといって決定的に優れた別の道があるわけではない。 誰かのせいにすべきでもない。 変えられるのは自分だけ、自分を置いて他にない。という話。 (写真:パブリックド…

「菅総理が辞めるそうだが、どんなものだろう」~日本人の自立と不羈について①

菅総理が自民党総裁選への出馬を辞めた。 そこまで悪い総理大臣ではなかったと思うが、すこぶる人気はなかった。 だから辞めるのは仕方ないにしても、 私には思うところがある。という話。 (写真:フォトAC) 【菅首相、自民党総裁を辞めるってよ】 話題が…

「独りぼっちでは死なせない」~日本人の死生観② 

肉体は黄泉と現世をつなぐ手がかり、 みんなで大切にすべきものだ。 だから独りぼっちでは死なせない。 人が最後に見る風景は、幸せなものでなくてはいけない。という話。 (ウィリアム・アドルフ・ブグロー 「死の前の平等」:パブリックドメインQ) 【今あ…

「身体は、その一部も傷つけてはいけない」~日本人の死生観①

日本人には身体に関するある種のこだわりがある。 特殊な場面では肉体は何よりも尊いのだ。 たから家族を亡くすと、肉親は現場まで何としてもたどり着こうとする。 骨の一片だけでも拾うために。という話。 (写真:フォトAC) 【身体は、その一部も傷つけ…

「肉体の軽視あるいは蔑視」~新型コロナ禍で見えてきた西洋人の死生観② 

外国の文化を受け入れようとするとき、 すんなり入ってくるものとそうでないものがある。 後者についていえば、その多くは私たちと本質的な部分で軋みを起こすからだ。 例えば私たちが知らぬうちに手に入れていた死生観、肉体観、生命観と。という話。 (「…

「肉体は魂を乗せる船、借り物」~新型コロナ禍で見えてきた西洋人の死生観①

新型コロナ過では世界中でたくさんの人々が亡くなったはずだが、 その悲しみの実像はあまりにも報道されない。 どの国も自国の報道で精いっぱいなのだ。 しかしその中からも、世界の独特の死生観は見えてくる。という話。 (アルベルト・エデルフェルト 「子…

「壺中の天での自己判断」~情報を閉じ込めておいて、その中での判断を迫る

モデルナ・ワクチンの異物混入問題が深刻だ。 しかしそれを訴えながら、メディアは接種を思い留まるようには言わない。 非常に危険だがあとは自己判断で――。 いったい何のための警鐘なのか。 という話。 (写真:フォトAC) 【やはりワクチンを打ったのは間…

「誰も楽をすることだけを考えてはいない」~ないところに人の悪意を探すな

誰も楽をすることを考えていない、誰も金儲けのためだけに生きてはいない。 それがこの国のやり方だ。 人々の利害はしばしばぶつかり合い、ときに悪意が見えるような気もするが、 そうではない、人々は美しい という話。 (写真:フォトAC) 【うっかりしゃ…

「新型コロナの『(もう見込みのない高齢者を犠牲にすれば)助かるはずの命』を救え」~テレビはあっさりとそう言う 

新型コロナ感染第5波は天井知らずに増えていく。 医療はひっ迫し、危機的な状況にあると私たちは信じてきた。 しかし実態はそうでもないと、ある報道番組は語った。 見込みのない高齢患者を犠牲にすれば、何とでもなる話だと。 という話。 (写真:フォトAC…

「萩野の前に萩野なし、萩野のあとに萩野なし」~間もなく日本にスーパースターは現れなくなる

競泳の萩野公介が引退する。 世界のスーパーアスリートになれる逸材だと思っていただけに残念だ。 荻野の前に荻野はなく、萩野のあとに荻野は生まれない。 同じ世代には似たようなスーパースターが目白押しだが、 これからは一人ひとり、消えていくだけで後…

「パラリンピックが始まります」~子どもにひとこと話しておこう   

今夜、パラリンピックが始まる なかなか光の当たりにくい世界 この際、子どもたちに勧め、注目させ、 今後の指導の糧としよう。 という話。 (写真:フォトAC) 【今夜、開会式】 今夜午後8時より、パラリンピックの開会式が行われます。 紆余曲折はあった…

「夏休み中、気になったこと」~いちおうメモしておきます 

休むときはしっかり休めばよかったのに、 中途半端で消化不良になったこの夏。 心に引っ掛かったできごとを、いちおう書き留めておこう。 忘れないように という話。 (写真:フォトAC) 【今年の夏のブログ事情】 土・日・祭日および長期休業中を除いて、毎…

「アスリートと担当者と、そして無名の人々」~東京2020オリンピック・メモ③ 

東京オリンピック2020がとりあえず、何とか、終わった。 賛否両論、評価はさまざまだが、やはりやるしかなかった。 そして終わった。 大過なく終えることができた、そのこと自体はよかった。 という話。 (写真:フォトAC) 【とりあえず何とか終わった…

「更新しました」~キースアウト

閉会式のバッハ会長の長ったらしい話を、しっかり聞いている日本人アスリートの姿は揶揄すべきものであり、いつの日か他人の話を聞かない世界標準に近づくべきだとマスコミは思っているらしい。 kieth-out.hatenablog.jp

「彼らが興味を感じない、けれど必要な情報をどう届けるか」~情報弱者として若者たち② 

朝から晩までテレビやらをつけっぱなしにし、 新聞を隅々まで読む高齢者は情報弱者ではない。 問題は自主的に情報網を選択し一部を遮断してしまう若者だ。 彼らに必要な情報をどう届けるか という話。 (写真:フォトAC) 【組長になって知ったこと】 町内会…

「彼らはほんとうに分かっていないらしい」~情報弱者として若者たち①

これほどの感染拡大にも関わらず、繁華街で飲み続ける人がなくならない それどころかコロナ対策として打ち出されることごとに、大まじめで反撃する 「いつまでも大人しく従うと思うなよ」と、彼らの自信はどこから来るのか それにしてもすごいことだ という…

「『呪われた五輪』の舌禍事件はあれでよかったのか」~デジタル・タトゥー、誰も忘れてくれない①

ようやく始まったオリンピック。 ここまでくる道のりはほんとうに大変だった。 しかし今、落ち着いて考えるとあれでよかったのかと思うことも少なくない。 五輪の呪いは、オリンピックが終われば解けるものなのだろうか。 という話。 (写真:フォトAC) 【…

「できないことは叱ってはならない、やらないことは叱らなければならない」~東京都感染者3000人をどうみるのか

新型コロナ感染者が、東京都でいよいよ3000人にも達しようとしている。 なぜこんなことになったのか。 野党・マスコミは正義を笠に着て、できもしないことを政府・東京都に要求する、 その政府・東京都は、同じくできもしないことを国民・都民に要求する…

「やはりやるべきだった東京オリンピックとコソボの娘」~東京2020オリンピック・メモ①

やはり2020東京オリンピックは開かれなくてはならなかった。 5年の長きにわたってすべてを投げ込んできたアスリートのために、 日本の底力を示すために、そして81年前の不始末を始末するためにも。 オリンピックは多くの人々にとって、単なるスポーツ大会…