「1学期ごくろうさまでした」~子どもたちに伝えたいこと  

長く困難な1学期が終わる。 多くの時数が失われたが、本質的な部分で何を失ったのか、 それも見ておく必要もあるだろう。 私たちは語るべきことを語らないまま進んでしまうのかもしれない。 というお話。 (「丘の畑」 フォトAC より) 【歴史に残る学期】 …

「校則はこうして変える(その3)」~東京都議会ツーブロック問題⑦

この校則は変えてもいいと学校側が腹をくくったら、あとは簡単だ。 進む方向ははっきりしている。 しかしその手続きまで簡単にしてはいけない。学校は学びの場だ。 さらにそこまでして生徒が手にできる成果は、実はほろ苦い。 というお話。 (「東京都庁」 …

「校則はこうして変える(その2)」~東京都議会ツーブロック問題⑥

手順を間違えた。 まず学校側を説き伏せて、校則改正を「やってもいいこと」に転換しておく、 生徒をそそのかすのはそれが終わってからだ。 しかしその下準備がなかなか難しい。 というお話。 (「東京都庁」 フォトAC より) 【訂正します】 昨日は勢い余っ…

「校則はこうして変える(その1)」~東京都議会ツーブロック問題⑤

池川東京都議は「校則は換えていける」とおっしゃった、 それは間違いではない。しかし簡単なことではない。 東京都の条例だって予算の枠組みだって、そう簡単には変えられないだろう。 校則だって同じだ。変えるためにはそれなりの手続きが必要となる。 そ…

「子どもに任せられるのはどちらに転んでもいい場合だけ」~東京都議会ツーブロック問題④

皆で話し合いをすれば必ず良い答えにたどり着くというのは幻想だ。 特に未熟な子どもたちに任せれば、議論はどこへ向かうか分からない。 さまざまなものの見方、社会のありかた、少数意見を大切にすること、 もの言わぬ人の気持ちに心を寄せること、わがまま…

「大人と子どもは違うだろう」~東京都議会ツーブロック問題③

大人の世界ではスタンダードだからといって、 それで子どもにも許されるべきだというのはおかしだろう。 校則を決めるときは、子どもの意見も聞くべきだといったもっともらしい意見も、 よく考えてみよ、そこには大きな落とし穴があるぞ。 というお話。 (「…

「校則は、くだらなければくだらないほどいい」~東京都議会ツーブロック問題② 

「ツーブロック」といったざっくりした枠で禁止することには、 もう一つ重要な理由がある。 それは指導の最前線をどこに置くかという問題だ。 児童生徒が安全・安心に生きるためには、前線は遠ければ遠いほどいい。 それが「ツーブロック一括禁止」の理由だ …

「教員が、ものさしを持ち出して髪の長さを調べる日が来る」~東京都議会ツーブロック問題① 

都立高校の多くで禁止されている髪型「ツーブロック」 細かな差異を無視して一括で校則違反とするには理由がある。 しかしそれでもツーブロックを違反にすべきでないというなら、 議会が決めて責任を取ればいいのだ。 というお話。 (「えんじ色シャツ髭の外…

「更新しました」~キース・アウト

校則でツーブロックがダメな理由は何かという質問が、東京都議会で出されたらしい――しかし、そんなの簡単だろ? kieth-out.hatenablog.jp

「新規陽性者286人は怖くない」~東京都の新型コロナ新規感染者数の出入りが大きすぎる件について④

新型コロナについては昨日で一応切り上げるつもりだったが、 昨日の発表が286名という飛び抜けて大きな数字だったので、 かえってうれしくなってもう一日扱うことにした。 この値の大きさは、むしろ私の推論を補強するものだ。 というお話。 (「東京都庁…

「もっと丁寧な説明はできないものか」~東京都の新型コロナ新規感染者数の出入りが大きすぎる件③

グラフ上はどう見ても第二波なのに、なぜ政府も東京都も、 かくも落ち着いていられるのか。 そうした疑問から始まって、できるだけ都に有利な解釈をしようと努めてきたのに、 4段階ある警戒のレベルのうち最も深刻な表現に引き上げだとか。 なんだかハシゴを…

「感染者グラフの不思議なリズムと乱れ」~東京都の新型コロナ新規感染者数の出入りが大きすぎる件について② 

新型コロナウィルス新規感染者数の推移を表すグラフには 不思議なリズムと乱れがある。 それは何に由来するのか、 真実はどこに現れるのか? というお話。 (2020.07.14 SuperT自作) 【感染者グラフの不思議なリズム】 上のグラフは私が2月からずっとつけ…

「グラフは簡単に動かない」~東京都の新型コロナ新規感染者数の出入りが大きすぎる件について①

東京都の新型コロナウィルス新規感染者が、200人台から一気に119人に減った。 このまま下がっていくといいのだが――、 しかしそれにしても、なぜこんなに激しく人数が変わるのだろう? というお話。 (SuperT自作) 【東京の新規感染者、大幅に増え、大…

「横滑りする思考」~ダジャレ頭がサビついて困っている

もともと思考が深まる性格ではなく、 連想に囚われたり気移りしたりすることも多かった。 しかし連想したことがいつまでも離れないというのは最近のことだ。 いよいよ頭がサビついてきた。 というお話。 (「森の妖精」フォトACより) 【横滑りする思考】 若…

「更新しました」~キース・アウト

オンライン学習が児童生徒の学力差を広げるなんて百も承知で、何が何でもやれと言い続けている人たちがいる。 kieth-out.hatenablog.jp

「キョウヨウのある叔母の晩年、ダメな男たちの歴史」~カラオケと麻雀、昔の学生・今の老人②

叔母は最後まで麻雀仲間にこだわって亡くなっていった。 それは4人そろわないと遊べない麻雀の美しい一面だが、 一方、その不思議な点数計算について考えてみると、 ダメな男たちのダメな歴史が浮かび上がってくる。 というお話。 (「マージャン」フォトAC…

「彼女に捧げる四暗刻(スーアンコウ)」~カラオケと麻雀、昔の学生・今の老人

畑をやって、本を読んで、文章を書いて――、 それで私の一日は終わる。 冬は畑の代わりに樹木の剪定といった仕事もある。 しかし畑も果樹もない都会の老人たちは、 どうやって時を過ごしているのだろう? その答えの一部が分かった。 というお話。 (「麻雀卓…

「『九州男児』は本人も周囲も大変」~あらゆるものの存在する土地が生み出す強い精神

たいへんな日々が続いてるが、 九州にこれ以上の災厄が降りかかりませぬように。 しかしそれにしても、長い長い苦難の道を、 よくもここまで歩いてきたものだ。 そこに生きる人々の精神は強く、そしてなかなか大変だ。 というお話。 (「熊本県の大観峰」フ…

「年寄りに必要な『キョウヨウ』と『キョウイク』」~母の誕生日に寄せて

母が93歳になった。大変なことだ。 ところで、老人にこそ、 「キョウヨウ」と「キョウイク」は必要だという。 何のことか分かるだろうか。 というお話。 (「ひとりぼっちの老後」フォトACより) 【母が93歳になる】 今日、7月7日は母の誕生日です。昭…

「欲の深い人間かどうかをテストする」~Fire TV Stickとペディグリーペット詐欺 

新しいFire TV Stick を購入した。 そこで見た映画に面白い場面があったので紹介する。 自分が欲深い人間かどうかをチェックするテストだ。 というお話。 (「犬(ペキニーズ)」フォトACより) 【新しいFire TV Stickを買った】 「Fire TV Stick 4K - Alexa…

「日本人の衛生意識、素晴らしいが誇るようなものではない」~ベルサイユ宮殿とふんどし④

100万人都市である江戸は実に清潔な町だった。 しかしそれは歴史的産物であり、むやみに誇るようなものではない。 翻ってそうではない国々を貶めるべきでもない。 というお話。 (「江戸城の巽櫓」フォトACより) 【金肥:売り物になる糞尿】 それまで屎尿処…

「クソ食らえと思った平安貴族と、江戸の庶民の話」~ベルサイユ宮殿とふんどし③

「うんこ漢字ドリル」がかなり売れているようだが、 私たちはなぜ、かくもうんこが好きなのか。 そこで今日は、 平安時代に貴人のうんこを食べた男の話、 江戸の庶民のうんこ事情について考える。 というお話。 (「江戸の商家」フォトACより) 【貴人のうん…

「江戸の町の裸族、ふんどし男と泥人形」~ベルサイユ宮殿とふんどし②

夏の江戸では男たちが裸像同然の姿で働いていた。 そうして帰ってくれば泥人形だ。 好き嫌いの問題でも道徳の問題でもない。 とにかく洗い落とさなければ一日が終わらない。 というお話。 (「東京花火大会(イメージ)」フォトACより) 【18歳、東京の暑さ…

「パリの空の下、糞尿は流れる」~ベルサイユ宮殿とふんどし①

かつてのパリは王宮も街も糞尿に満ち満ちていた。 人々は糞尿を避けて道を歩き、 糞尿から身を守るためにさまざまなものを発明した。 しかしそれは道徳心の問題ではない。 要するに、それでよかっただけのことだ。 というお話。 (「ベルサイユ宮殿」フォトA…

「ぶどう酒が水になった話と都市封鎖」~きちんとロックダウンすれば、感染はすぐになくなるはずではないか?

ロンドンもパリもローマもマドリードも、 あんなに厳しいロックダウンをしたのに、 なぜ新型コロナウイルス感染は長引いたのだろう? それは日本でコロナ死が少ないこと以上に謎だ。 というお話。 (「ロンドンの街並み」フォトACより) 【ぶどう酒が水にな…

「更新しました」~キース・アウト

万が一の危機に備えて、日常の危機を甘受できる大人たちがいる ~文科省は「学校に携帯を持ってくるように」と子どもたちに言った kieth-out.hatenablog.jp

「何が出ても、すべてアタリの出産ガチャ」~子どもは生まれたとき、すでにたくさんのものを持っている  

久しぶりに二人の孫にあった。 特に1歳のなったばかりの下の子は、まるで違った子に育っていた。 しかも兄とも、顔以外は全く違っている。 出産ガチャ――子どもは生まれたとき、すでにたくさんのものを持っている。 というお話。 (「寝転ぶ赤ちゃん」フォト…

「責められて、責められて」~情報をきちんと確認しないと、ひどい目にあう

6月1日から緊急事態宣言が全国で解除され、 私は勇んで東京の娘の家に行ってきた。 急いでいかないと孫が歩くようになってしまう。 ところが行ったばかりに、ひどく傷つくハメになった。 というお話。 (「ハイハイする赤ちゃん」フォトACより) 【『首都…

「オンライン学習、やるならむしろ徹底しよう」~不登校の子たちにオンライン学習を⑤

日本中のいくつかの学校で、 新型コロナウィルス事態のためにオンライン学習の扉を開けてしまった。 そこに不登校の子や親たちが注目する。 今さら開いたその扉を閉じるわけにもいかないだろう。 だったらそれを担う、うってつけの場所を教えよう。 というお…

「山や島の小さな学校の不思議な風景」~不登校の子たちにオンライン学習を④ 

山間や島嶼の小規模校は、 教師のあり方も特殊だが、子どもの様子もかなり変わっている。 入学式の歌が当たり前に歌えない、運動会が変、 そして日常の授業も少し違っている。 というお話。 (「春の長野県 小川村」フォトACより) 【山や島の小さな学校の不…