知識

「オマエ、近づきすぎじゃないか?」〜スズメの話①

ブリューゲルの「バベルの塔」を見るついでに、もうひとつ美術展を見ておこうと計画したのが国立西洋美術館の「アルチンボルド展」。ところが何たる調査不足、上野公園の入り口のチケットセンターで入場券を買おうとしたらこれが20日(本日)からの開催な…

「車が突然、目の前に降ってきた」〜あれほど言ったのに自分がコリジョン・コース現象にはまる

常々「注意しましょう」と申し上げているにもかかわらず、畑のど真ん中の丁字路で車にぶつかりそうになりました。 後部座席左に座っていた89歳の母が「止まって! 止まって! 止まって!」と叫んだので慌ててブレーキを踏んだのと、相手の車の運転者(女性…

「発達障害に関わる用語の問題」〜発達障害に関わる用語が定まらない件について  

昨日お話ししたNHK「発達障害〜解明される未知の世界」の中で、発達障害の説明として「ASD(自閉スペクトラム症)」「ADHD(注意欠陥・多動症)」「LD(学習障害)」と分類して下のように重なり部分も含めて図で示していました。 その中で問題になるのは「ASD(自…

「カッシーニ」〜土星探査機の話

NASAのサイトより アメリカの土星探査機カッシーニが最後のミッションに入り、まもなくその役割を終えるそうです。1997年に打ち上げられ、20年に渡って活動してきた探査機ですが、燃料切れの日が近いのです。 最後のミッションというのは土星の輪に対…

「歩きながら考える」2

フランス人は走ってから考え、 ドイツ人は考えてから走り出す。 イギリス人は歩きながら考える。と覚えていたエスニック・ジョークが実はそうでなかったという話でした。 正しくは、 イギリス人は歩きながら考える。 フランス人は考えた後で走りだす。 そし…

「激突!!」

一昨日の夜と昨日の朝、一晩のうちに立て続けに2件の交通事故を見ました。 正確に言えば現場を通りかかっただけなのですが、場所が信じがたい。 畑のど真ん中の交差点です。 しかも周囲に民家も施設もない、東西少なくとも1km四方に渡って何もない、冬な…

「アメリカ人は肩がこらない」~わけがないよな、という話

知り合いがひどい肩こりになったという話を聞いてふと「ストレスで肩こりってことあったかな?」と思い、検索にかけたら思わぬ情報が出てきました。それは「アメリカ人は肩がこらない」というものです。 それによると、 さまざまな調査によって外国人は肩こ…

「江戸時代の庶民はどれくらい米を食べられたのだろう」~米の話④

さて「たてやん」さんのご指摘の通り、私の記した「日本人はほとんど米だけで民族をつないできた」は言いすぎで、「江戸時代の人々の食生活」とひとことで言っても武士と町人・農民とでは食事の内容がだいぶ異なりますし、都市部と農村部、山国と海浜部など…

「芽を摘み枝を打ち」~早く手を入れ、適度なストレスを与えるのが大切

玄関脇のハナミズキがたくさんの花をつけました。葉がこんなに茂る前に写真を撮ればよかったのですが、うっかりしていました。しかし緑の中のピンクと白というのも悪くはありません。 緑と赤は反対色ですから人間がつくるとどうしてもうまくいかないのですが…

「籠城戦は絶望的な戦いではないだろう」~崩れかかった熊本城を見ながら②

なぜ戦国武将たちは城をつくり、最後には籠城しようと考えたのか。別の言い方をすると、自国領内深く攻め込まれ城に籠った人々はその先どうするつもりだったのか――。 答えは簡単です、待っていればよかったのです。 敵が本気で城を攻め落としにかかるならむ…

「名城と城を築く意味」~崩れかかった熊本城を見ながら①

地震のおかげで熊本城というものを知ることができました。 九州は長崎県以外に行ったことがなく、失礼ながら熊本城は国宝でもないし鉄筋コンクリート造りなので興味もなかったのです。しかし今回、地震報道ととともに熊本城についても多少の紹介があり、そし…

「インフルエンザに罹る、吝嗇(りんしょく)膏肓(こうこう)に入(い)る」

日曜日の夜、突然大きなくしゃみが立て続けに5回ほど出て、何かなあと思いながら寝ました。 月曜日の朝は気持ちよく目覚めたのですが、その後、前夜と同じように大きなくしゃみが立て続けに出て、そのあと鼻水が滝のようにジャージャーと流れ始めました。本…

「現代の分かち書き」~スマホで見られる紙芝居の話

「分かち書き」というのは例えば、ひらがなしか学んでいない小学校1年生の教科書で、「きょうは がっこうで かきぞめを しました」というふうに、文節ごと(正確に言えばそうでない場合もある)に空白を入れて読みやすくする書き方を言います。 ローマ字や…

「ブログランキングに登録してみた」

娘のシーナがブログを始めました。三か月前のことです。 育児を中心としたもので、それを通じて孫の成長を見られるので私もありがたいのですが、聞くと日よっては1000近いアクセス数があるそうです。10年もやってきた私のところがせいぜい百数十ですか…

「本当に困った!」 〜コンピュータ・スキルの問題②

何に困っているかというとコンピュータ本体です。 この春ごろからずいぶん動作が遅くなり、時にはフリーズしたかと思うほど動かなくなって難渋していました。Webで調べると「遅いときは必要のないアプリケーションを削除」とか書いてあるのですが、何が「必…

「本当に困った!」 〜コンピュータ・スキルの問題①

最近、というよりしばらく前から、自分がどれ程度コンピュータを理解しているかわからなくなりました。 もちろんWebサイトを運営して毎日ブログを書いているのですから「コンピュータについては全く分かりません」というのは過剰な謙遜です。しかし「何でも…

「興醒め鳥」~モズの習性

庭のマユミの木が徒長したので枝切バサミでジャキジャキ切り始めたら、反対側の木に止まった体長18センチくらいの小鳥がカタカタとうるさい声で鳴きはじめました。そんな近くに野鳥が来るのは妙だなあと思いながら作業を続けると、なんとそのマユミの木の…

「昭和歌謡の歌舞伎化」~歌謡曲考②

江戸期、歌舞伎は時代の最先端にいました。時間的なラグは大きいものの、「仮名手本忠臣蔵」も「女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)」も実際の事件に取材した再現ドラマの要素を持っています。ところが、明治に入って西洋の演劇が流入すると進歩を止…

「マドロスはなぜ愛しながら別れたのか」~歌謡曲考①

88歳の母が歌番組を見る関係で、私もしばしば歌謡曲を聞くことがあります。しかしこの世界、昭和生まれの私にもよくわからないところがあります。 つい先日聞いた曲は、『遠い異国の酒場で一人、男がグラスを傾けている すがりつく女を振り捨ててきたが、…

「葬儀の流儀」~地域によって異なる洋式に戸惑った話

結婚式というのは参列者にとって大枠においてほぼ同じで、男性の場合はダブルの礼服を着て行けばまず間違いありません(たぶん)。それがキリスト教式でも神式でも仏式でも(たぶん)。ところが通夜・葬儀はそういうわけにはいきません。特に通夜に何を着て…

「がん幹細胞仮説」~エイリアンとマザーエイリアンのようなもの

シャ乱Qのつんく♂さんが喉頭がんのために声帯を失ったというニュースが話題になっています。聴力を失ったベートーベンや車椅子の生活を強いられたアベベ・ビキラなど、人はときどき最も重要な部分に打撃を受けることがあります。神様の意図が分からなくなる…

「石の文化」〜イタリア奇行⑨

最近は聞くことがなくなりましたが「ヨーロッパの人々は古いものを大切にするが、日本人はどんどん捨ててしまう(だからダメだ)」という言い方がありました。日本や日本人を悪く言えば評論家として食えていた時代が長く続いていたのです。口を開けば「自虐…

「もっと英語を話そう」~その下手な英語、母語が英語の外国人なら聞き分けてくれるよ

しょっちゅう英語教育の悪口を言うので、英語に反感を持っていると思われているかもしれませんが、そうでもありません。中学高校と「英語」は苦手科目でしたから親近感もないのですが、英語が好きで将来は通訳になろうというような人の学習を妨げるつもりは…

「月はどっちを向いてるの?」~三日月はどちら向き?

皆既月食で思い出したのですが、花王石鹸のロゴマークのように細い月に顔を描くとして、右向きの月と左向きの月、三日月はどっち? という設問があります。 答えは「左向き」。花王のロゴもドリームワークスの映画で釣りをする少年の乗る月も左向きの三日月…

「ファンフォン」~台風のことを調べた

台風18号が近づいています。大型の、非常に強い台風と言われていますから注意が必要です。天気予報に注意しながら行動したいと思います。 今回の台風には18号という名前がついています。これは2014年になってから18番目に発生した台風という意味で、例年台風…

「カクテルパーティー効果の話」~最近やっと理解できたこと

昔、ある性格診断をしたところ、私の第一の特徴は「調べる人」なのだそうです。確かにその通りです。 若いころは一度調べ始めると答えが見つかるまで諦めがつかず、辞書や書籍の上には付箋の束が広がりました。Aを説明する文章のBという言葉が分からず、Bを…

「耳垢の科学」~アメ耳を掘ったらたいへんなことになった話

どうでもいいことですが、これまでの人生の中で、耳かきを3本ほど折ってきています。と言っても何のことかわからないかもしれませんが、耳掃除をしている最中にあまりにも力を入れ過ぎて、その圧力に耐え切れず竹の軸が折れたのです。 その話をすると、少し…

「ご苦労様でした」~今年のできごとの復習

今日で2学期も終わります。2013年(平成25年)巳年も間もなく終わろうとしています。長い2学期、長い一年間ご苦労様でした。 今年の主な出来事をクイズにしましたので、いくつできるか考えてみてください。 今年就任した中国の国家主席は( )。 日本の安倍…

「オキシトシンとセロトニン」~幸福ホルモンと自閉症

マウスにマグネシウムの入っていない食事を与え続けると、子育てをやめてしまうという話を聞いたことがあります。ずいぶん昔のことです。 従って人間もある種の物質をコントロールすることで、愛情を変化させることができるかも知れない―そう考えて何か不快…

「自転車は左側通行でなければならないのか」~ちょっと驚いた話

今月から自転車の右側通行が処罰の対象となると聞いて首をかしげました。大昔からそうだったのではないかな、ということです。交通安全教室でもずっとそう指導してきたはずです。 そこで調べると、つぎのようなことが分かりました。 自転車で通行する際は車…