私訳・日本国憲法前文

 先日の参観授業で日本国憲法をあつかいました。

 どこかで日本国憲法の現代語訳の本を出した人がいた、という話があってそれを覚えていたので、ふと思い立って、私流の訳をつってみたのです。

 憲法解釈の絡む問題なので異論もあるかと思いますが、あくまでも中学生が理解できる、ということを前提にしたものですのでご了解下さい。

 私の訳は別として、日本国憲法の前文に書き込まれた志(こころざし)の高さに、あらためて感動しました。

「私訳・日本国憲法前文」──

 私たち日本人は、正しく選ばれた代表からつくられている国会を通じて、私たちと子孫のために、日本国のありかたや将来を決める権利(主権)が国民にあることを宣言し、この考えに立ってこの憲法を制定します。

 これは、世界の国々との協力のもとに得られる平和の成果やこの国土にゆきわたる自由の喜びを私たちが失うことがないように、また政府の行いのために戦争の恐怖が再びこの国を襲うことがないように、と決意してのことです。

 そもそも国の政治は、国民がおごそかに信じ託して行われるものであって、その尊さは国民に託されているからという事実に由来しています。また、政治の力は、日本人を代表する人々の手を通じて使われ、その結果得られる幸福は日本国民が受け取ることとします。

 これは人類すべてが共有する基本的な考え方であって、この憲法もまたそうした考え方の上につくられているのです。

 私たちは、この考えに反するすべての憲法や法律、条例、あるいは天皇の命令などは排除します。

 私たちは永遠の平和を願い、世界の人々が仲よく暮らしていくために必要な気高い理想を強く心においています。そしてこの国の存続、この国の安全を、私たちと同じように平和を愛する世界の人々の公平で正しい心、正義感と信念に委ねようと決意しました。

 私たちは、国際社会が平和維持のために力を尽くしていると考えます。そして、同じく国際社会が、支配者が独断で行う政治や国民が奴隷(どれい)のように従わなければならない政治、人々を圧迫したり人を受け入れなかったりするやり方などを、この世から一掃するために努力しているものと考え、その社会の一角に名誉ある地位を得たいと思います。

 世界中のすべての人々が、恐怖や困難・貧しさに悩まされることなく、平和に生きる権利をもっていると考えます。

 どのような国であっても、自国のことだけ考え、自国のことだけを行って他国を無視してはいけません。また、国際政治の道徳は世界共通のものであって、きちんと自立し、他国と対等に交渉しようという国はこの道徳を守らねばなりません。

 私たち日本国民は、自分たちの力のかぎりを尽くし、この高い理想と目的を実現しようとすることを、国家の名誉にかけて誓います。