「そんなことはないだろう」

 先週の産経新聞で、「透明人間になったら何をしたいか」という問いかけに対して「人を殺す」「強盗する」と答えた小学生の例を挙げ、

 かわいそうに児童たちは、家庭でも学校でも、「人を殺してはいけない」ことを、教えられてこなかったに違いない。

といった記事が出ていました。またイスラム国に参加しようとした北大生にも触れ、

彼もまた、徳育の欠如した戦後教育の被害者なのかもしれない。

と書いています。

 これに 対する批判はWebの方にも書きましたが、10万人当たりの殺人発生件数は昭和元年が3・4であるのに対し、2002年は1・1しかありません(2002年ICPO調査)。戦後教育の方が道徳が欠如しているというのは戯言(たわごと)です。そもそも戦前に「人を殺してはいけない」という教育が徹底していたら、あの戦争は起こせませんでした。

*ただし昭和以降、殺人事件が現在よりもずっと少なかった時期もあります。今の半分という年もありました。昭和19年と20年です。しかしこの両年を「殺人事件のない平和な時代だった」と懐かしむ人はいないでしょう。

 戦後より戦前の方がよかった、日本より外国の方が優れているという言い方には、反射的に戦闘態勢をとることにしています。間違っているからです。少なくとも教育に関する限りは99%正しくありません。

 たとえばたびたび話題になる世界大学ランキングですが、昨日の新聞報道にも「USニューズ・アンド・ワールド・リポートの世界の大学ランキング」で東大が24位という話が出ていました。GDP世界第3位、先進国の中でも特に先進的なはずの日本の最高峰が、24位ではあまりにも情けない――そういう話になりかねません。しかしどうでしょう? こういうときこそ眉に唾をつけ、調べなおさなくてはなりません。

 上の記事の最後に簡単な資料がついていました。

■USニューズ・アンド・ワールド・リポートの世界大学ランキング

《トップ10》

1 ハーバード大(米)

2 マサチューセッツ工科大(同)

3 カリフォルニア大バークリー校(同)

4 スタンフォード大(同)

5 オックスフォード大(英)

6 ケンブリッジ大(同)

7 カリフォルニア工科大(米)

8 カリフォルニア大ロサンゼルス校(同)

9 シカゴ大(同)

10 コロンビア大(同)

《アジアのトップ5》

24 東京大

39 北京大

42 香港大

55 シンガポール国立大

60 京都大

 やはり何か変ですよね。ノーベル賞受賞者を何人も輩出している京都大学よりも、一人も出していない北京大学香港大学の方が上なのです。そもそもトップ10がすべて英米というのも納得できません。

 そこで直接、USニューズ・アンド・ワールド・リポートにあたってみます。インターネットを使えばあっという間です。

 それによると11位以下30位まではこうなっています。

11 ジョンホプキンス大(同)

12 インペリアル・カレッジ・ロンドン(英)

13 プリンストン大(米)

14 ミシガン大(同)

15 トロント大(加)

16 ワシントン大(米)

17 イェール大(同)

18 カリフォルニア大 サンディエゴ校(同)

19 ペンシルベニア大(同)

20 デューク大(同)

21 ロンドン大(英)

22 カリフォルニア大 ロサンゼルス校(米)

23 コーネル大(同)

24 東京大(日)

25 ノースウェスタン大(米)

26 チューリッヒ工科大(スイス)

27 ウィスコンシン大 ミシガン校(米)

28 カリフォルニア大 サンタバーバラ校(同)

29 ミネソタ大 ツインシティ(同)

30 ブリティッシュ・コロンビア大(加)

 東大とチューリッヒ工科大を除くと、すべて英語で授業を行う国なのです(チューリッヒ工科大も大学院以上は英語)。

 31位以下を見ても次に英語圏でない大学は39位の北京大学まで待たなくてはなりません。フランスの大学もドイツの大学も入っていません(パリ第6大学46位、ミュンヘン大学48位)

 そして最近ノーベル賞でがぜん注目されている名古屋大学などベスト100にも入っていません(167位)。

 評価基準が違うのです。通常私たちが考えるような大学のレベルとは、何かが決定的に違います。

 どういう評価基準でランキングがなされたか、そこまではっきりさせる時間がないのでとりあえずここまでとしますが、「東大(ですら)24位」は今後も独り歩きしていきます。そのバカげた表現に対し、その都度、私たちは異議を申し立てて行かなければならないはずです。