「定数も増やさず仕事をひたすら増やした結果、教員がいなくなってしまうかもしれない」というお話

更新しました。

「キース・アウト」

2019.01.04
教師への夢をあきらめた学生たち 現役教育大生のリアル 競争倍率低下時代における教育の危機

 PC版 →http://www5a.biglobe.ne.jp/~superT/kiethout2019/kieth1901b.htm#i1

 スマホ版→http://www5a.biglobe.ne.jp/~superT/kiethout2019/kieth1901sh.htm#i1


  • 元校長まで駆り出されるほど、教員が足りなくなっている。
  • 採用試験の競争率が1.2倍(合格率82%)の県まで出てきて、免許さえ持っていれば誰でも教員になれる時代が来た。
  • しかし教師の定員は増えることはなく、仕事は今後も増える一方で、ブラック化はむしろ深まる。
  • 介護職同様、いよいよ教職も外国人労働者にたよる時代が来るのかもしれない。

f:id:kite-cafe:20190105221818j:plain