「逍遥」

 今日、6月22日は坪内逍遥の誕生日だそうです(1859年:安政6年)。

 逍遥は26歳のときに、評論「小説真髄」を発表、「南総里見八犬伝」に代表されるような江戸時代の勧善懲悪の物語を否定し、小説はまず人情を描くべきだと主張しました。今となれば当たり前の話ですが、江戸末期から明治にかけて、日本の小説はエンターテイメント中心で、人間を深く問うような小説は存在しなかったのです。

 さて、例えば身内を亡くして悲しみに暮れているとき、「私は悲しかった」と書いてしまったら文学は成り立ちません。そのとき書きたい「悲しみ」は独自のものであって、アイスクリームを落として「悲しかった」ことや、ドジを踏んでみんなに笑われて「悲しかった」ことと同じレベルで捉えられたのではかなわないのです。その「私、独自の悲しみ」、を表現するために、さまざまな技法を使うのが文学です。「悲しかった」ときに「悲しかった」と書かずに頑張るのが文学だ、とも言えます。

 子どもの作文にそうした要素を入れるのは難しいですが、そうした要素を頭に入れて読むと、また違った評価ができるのかも知れません。

* ところで「逍遥」というのが何なのか知っていますか?「辞林」によるとそれは「ぶらぶら歩くこと」です。明治の文豪はなかなか粋なペンネームをつけたものです。