「私のスマホ事情」�A〜カレンダー

 最初は「Googleカレンダー」を使いました。すぐ目についたからです。しかししばらく使ってみると私には合わないことが分かってきました。月単位の表示は簡略過ぎてよく見えませんし、日単位だと今度は詳しすぎてダメなのです。毎日分刻みで行動している(たとえば営業職のような)人であればいいと思うのですが、私のように日常に特別なことのない人間には不向きなのです。

 そこで(どういう経緯でそこにたどり着いたのかは忘れましたが)、「ジョルテ・クラウド」というカレンダーアプリをインストールしました。

 クラウドと名がつくように、カレンダー本体が株式会社ジョルテのサーバ内に入っています(たぶん)。したがってスマホからもPCからも自由に書き換えられるのです。PCで書いてスマホで確認したり、スマホで書いてPCで見たり、対象が同一のカレンダーですから同期ということを気にしなくて済みます(正確言うとクラウドスマホ・PCの間で頻繁に同期を繰り返し、常に最新の状態に置いている)。スマホの文字入力(フリック入力というらしいのですが)にいつまでも慣れない私のような人間には、うってつけです。PC主体で書き込んでおけばいいのですから。

 カレンダーに予定を入れる際、10分前、12時間前と時刻を設定すると、その時間に警告音を鳴らしステータスバーに内容を表示してくれます。5分単位で設定できるのでとても便利で、大切な予定を忘れずに済みます。また“場所”を書き込んでおくと地図アプリと連動してその地点を示してくれます。飲み会などで会場が不案内な場合、その地図を頼りに向かうことも少なくありません。

 電話番号を書いておけばそこをタップするだけで自動的に電話がかけられます。いざというときはそれを頼りに連絡をつけます。

 メモ帳にボイスレコーダそしてカレンダー、いずれも基本的なアプリですがこの三つを得たことで仕事も生活も実にスムースに運ぶようになりました。しかしスマートフォンを持ったことで最も便利になったのは、以前にもお話ししたGoogleドライブを手に入れたことです。オンラインストレージという言い方をするようですが、USBやハードディスクのようなストレージ(電源を切ってもデータを保持できる装置)のオンライン版、つまりクラウドの中に置いた記憶領域です。

                            (この稿、続く)