『自立ということ」

 

 教育の最終的な目標は子どもの自立です。

 これについて、比較的分かりやすい説明がありますので、以下に書いておきます。

 

『自立には三つの側面があります。

「経済的自立」と「生活自立」、そして「精神的自立」です。

 

「経済的自立」というのは説明の必要もありません。自分に必要な収入を自分の力で得るということですからから、まだまだずっと先のことでけっこうです。

 分かりにくいのは、「生活自立」と「精神的自立」。これについては説明しておきましょう。

 

「生活自立」というのは、簡単に言えば生活に役立つ技能を手に入れるということです。

 トイレットトレーニングから始まって食事を自分で食べられること、着替えができること、学齢期になれば一人で学校の用意ができること、宿題などを自ら進んでやり終えることなど、大人になってからは、市役所で住民登録など公的な面でもさほど困難を感じずにやり通すことができること、公的な機関や地域の人々とのちょっとしたトラブルにも対応できること、そうしたことが挙げられます。

 

 早ければ18歳ごろ、遅くとも20代前半までには終えておきたいことです。しかしそれはさほど難しいことではありません。「生活自立」の大半は『言葉で教え、辛抱強く待つ』という姿勢だけでほぼ完全に達成できるからです。年齢相応の目標を持たせればそれで事足りるのです。

 難しいのは「精神的自立」。そしてこれがすべてです。

 

「精神的自立」というのは何かと言えば、「ある程度社会と調和した『統一的な自分』を持つ」ということです。『統一的な自分』というのは自分の中に矛盾がないということ、例えば「高校には行きたくないけど、就職もしたくない」といった願いを持たないこと、我慢はしたくないけどつまらない仕事には就きたくない、金は欲しいが働くことは嫌だといった「矛盾した気持ち」に振り回されないことです。ただし矛盾がないといっても、「死刑になってもいいから人を殺したい」とった矛盾のなさは認められないから、そこで「ある程度社会と調和した」となるのです。別の言い方をすれば「より高い価値のために、別のものを我慢する」ということに他なりません。』

 

『精神的に自立できていない人間を見つけ出すのはさほど難しくありません。彼らは 『統一された自分がない』=「自分の中に矛盾がある」ですから、先ず選択音痴です。何かを選ばなければならないときしばしば迷い、多くの場合選択そのものを回避してしまう。ズルズルと問題を先送りにし、その挙句「何も選択しない」という道を選択し、その結果を突きつけられます。本人にしてみると「選ばなかったのに責任を迫られる」わけですから非常に不本意で、その責任までも回避しようとする、つまり責任転嫁をします。自立できていない人間を見つけ出す目安はそこにあります。つまり彼らはしばしば失敗の責任を他人のせい(特に親のせい)にするのです。

 

 したがって、もし精神的に自立した子どもを育てたかったら、やったことの責任は常に本人に取らせるよう、小さいときからしつけなければなりません。特に親のせいにしてことを済ませようとするなら、厳しくつき返さなければならないのです。「誰が悪いの!」と。

 

 常に「より高い価値のために別のものを我慢する」ことを教え、選んだことの責任は自分に返して行きます。

 欲しいおもちゃがあるなら、あなたは店の方に丁寧に尋ねなければならない。大人とのきちんとした対話が我慢ならないなら、おもちゃの方を我慢しなさい。新たに見たいテレビ番組が始まるなら、あなたは今日まで見てきた別の番組を我慢しなければならない。今までの番組が諦められないのなら、新しい番組を諦めるしかない。クリスマスだからといって二つのおもちゃを買うことはできない。あなたは一つを選び、もう一つは諦めなければならない。そして何があろうと、(次の誕生日でもこない限り)諦めたもう一つを、あなたは手に入れることはできない。つまらないものを選んでしまっても,それはそれであなたの責任です、ということです。』