「久しぶりに招かれて、結婚式や披露宴はやはりやっておくべきだと思った」

 久しぶりに結婚式に招かれて考えた
 やはり人並みに 式と披露宴はやるべきだ
 それは本人のためでもあるが 
 周囲を幸せにする 絶好の機会だからだ

というお話。

f:id:kite-cafe:20190924144703j:plain

 

【久しぶりに結婚式に招かれた】

 岩手県で結婚式があって夫婦で参列してきました。娘婿のエージュの妹です。
 
 いまどき白無垢・綿帽子での神前結婚式というのも珍しいですが、そもそも最近は“ジミ婚”とかで結婚式自体が珍しくなっていますから、妙に新鮮だったのも当たり前かもしれません。
 もっとも私自身が退職して世間を狭くしているという事情もあります。

 それにしても結婚式を挙げる新婚夫婦はほんとうに少なくなったようで、私の娘が結婚した際、友人として参加してくれた仲間のうちで、のちに結婚をしてしかも披露宴を行った人は半数にも満たないようです。
 多くは経済的理由で、結婚式や披露宴にお金をかけるより新生活を豊かにしたいという発想らしいのですが、女性が言うならまだしも、男性が言い出すとしたらその男は信用できません。
 ここで男性に限るのは、金のために結婚式をしない女性も問題だが”信用“ということにはかかわらないという、その程度の意味です。

 

【式を回避する男は卑怯者かもしれない】

 なぜ信用ならないかというと、夫婦の関係を大きく社会に披露する宴を持ち、退 路を断つ腹積もりが見えないように感じるからです

「あんなに派手にやって、あとで別れたなんて言えないよな」
と臍を噛む未来の自分の姿を、思い浮かべているのではないかと疑いたくなります。もしかしたら将来、妻に飽き、もっといい女が現れたら気楽に乗り換えようと、今から画策しているのかもしれません(考えすぎか?)。
 そうでなければ単に社会が分かっていないだけです。けれど結婚を考える年になってもまだ社会が分かっていないとしたら、それはそれで信用ならないことには変わりはありません。

 

【セーフティ・ネット構築のための結婚式】 

「婚姻は家と家の結びつきだ」と言えばずいぶん古臭い言い方に聞こえるかもしれませんが、ひとつの結婚によって二つの家族の運命が巻き込まれて行くのは必然です。

 どちらかの親が年老いたとき、自分の実の親ではないから面倒は見ませんと言うのも難しいでしょう。それ以前に、家を新築しようというのに「実の親でもない人から援助は受けられません」と断るつもりもないでしょう。
 極端なことを言えば義理の兄弟が起こした犯罪のために迷惑を被ることもあれば、義理の姉妹の栄誉のためにこちらまでいい気分になることだってあるのです。
 
 その他、叔父や叔母、友人関係、勤め先の関係となれば、親ほどではありませんが、良いにつけ悪いにつけ、将来に渡って何らかの関係を持たざるをえません。
 そうである以上、顔くらいは知っておいてもらい、ふたりが夫婦であることを認知してもらう必要があります。

「借金の申し込み夫婦で行かなければならないとき、『初めまして』では何かとやりにくいものです。人間関係はセーフティ・ネットですから、機会をつくっては確認し、結婚式のような大きなできごとでは新たな関係を築いていておくに越したことはないのです。本人にその気はなくても、親や叔父叔母にとっては大切な機会ですから、それを奪ってはいけません」
――と、私は若い人に言っておきます。

 

【幸せのおすそ分け】

 今回の結婚式で、私の娘婿の両親と久しぶりにお会いしました。
 私は娘の結婚によってこの人たちと出会えたことをとても喜んでいます。まるで違う価値観を持った人たちだからです。少なくとも勉強になります。
 またそのご両親の兄姉たちとも親しく話ができて、それも素晴らしい経験でした。娘の結婚式のときに一度会っただけの方々なのに、親戚ですから気持ちが違います。

 結婚は二人だけの問題ではありません。良い結婚はこんなふうに周囲も幸せにしますから、むしろ周囲の人々のために、世間並みの式や披露宴はやっておくべきだと思うのです。
 披露宴の席で知り合った新郎新婦の友人同士が結ばれた、といった話もよく聞くところです。金の問題は何とかなるものです。