「天国と地獄」

 ちょっとした芸をご披露します。若いころに仕入れたものですが、以後、目にしたことがないので案外知られていないのかもしれません。  紙飛行機をひとつ作って、こんなふうに話を始めます。 �@ 「大型旅客機がちょうど200人の乗客を乗せて飛び立ちました」(実際に飛ばす)
�A 「しかしすぐに墜落し、海の上で真っ二つに割れてしまいました。(落ちた紙飛行機を手でちぎって二分する。やり方は別に示します)
�B 「実は乗客の半数、100人は悪人でした。ですから彼らは死んでここに行くことになったのです」(飛行機の破片を開きながら並べる)
(HELLの文字が並ぶ)
�C 「しかし残る100人は良い人たちだったので、こちらに行ったのです」 (そう言いながら胸の前で最後の破片を広げる)
(十字架)
 破った紙の切れ端が一枚も余らないのがミソです。  最も重要なポイントは十字架を示す場面。うっかり途中で開けてしまわないように。十字架のパーツは飛行機の胴体の下の部分、バラバラになったパーツの中で最大のものですから、最後まで取って置きましょう。  中学生以上だとウケること確実です。
 紙飛行機の作り方とちぎり方はこちらです。→s.doc