雪ですね

 雪を見ていた滝先生が突然、

「先生、この雪なんていうか知ってますか」

と、聞きます。見ると細く細かに降っているので、

「霙(みぞれ)じゃないですか?」

と答えたら、

「いや、雨まじりじゃなくて、しっかり粒が固まってますよ」

 そのときたまたまパソコンに触っていた横沢先生が、

「ザラメ雪じゃないかしら」

 確かにザラメ状で非常に細かい。

「ああそうだ、これがザラメ雪だ」と合点がいきました。

 ところが「じゃあ、細雪(ささめゆき)って何ですか?」ということになり、しばらくコンピュータで検索をかけ、雪の名称談義に花が咲きました。

 いろいろ調べていって大雑把に分かってきたことは。

�@雪の名前には科学的なものと文学的なものがあって、まずそこを分けないと話にならない(名残雪など)。

�A雪の質によって分ける場合が多い。

�B降っている雪と積もっている雪で名前が異なる場合がある。

�Cしかし結局、言語で表現しても微妙に分からないのであって、何年も雪と付き合いながら、先輩から「あれが『わた雪』」「これが『もち雪』」と、経験的に覚えていくしか法方がない、

ということでした。

 さて、次の雪、どんな違いがあるか想像がつきますか?

 霙(みぞれ)、霰(あられ)、雹(ひょう)、淡雪、薄雪

 こな雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪、たま雪、こな雪、はい雪

 みず雪、新雪、こしまり雪、しまり雪、ざらめ雪、こしもざらめ雪

 しもざらめ雪、氷板、表面霜、クラスト

 大体これで全部です。

 え? 今日の雪?

 これはもちろんドカ雪です。