こんなのいかが? 教師の整理術�G


 仕事用のバッグを買いました。

 100点満点のお気に入りではありませんが、少々気を使って買ったものですので、ご紹介します。購入のポイントは以下の通りです。

�@丈夫であること

 言うまでもありません。

�A手提げと同時に肩からもかけられるベルトのあること。

 手提げだけだと疲れてしまうこともあり、ついついどこかへ置いて行方不明にしてしまう心配もあります。

 手で持ったり肩からかけたりと、さまざま姿勢を取りながらも結局は身体から離さない、というのが一番安全な気がします。

�BA4サイズの書類が入り、なおかつ多少の余裕があること。

 A4は基本ですが、A4ぴったりだと筆入れなどの小物の収まりが悪くなります。

 したがって、A4の書類の横に筆入れを縦に入れられる程度の幅が必要です。

�Cあまり入りすぎないこと

 書類整理の上で一番重要なことです。私は最大で厚さがが25センチもあるような分厚い鞄を使っていたことがありますが、それを使っている限りは、絶対に書類整理はできません。入りすぎるというのは、整理上決定的にダメなのです。また重すぎる鞄は、生理上もよくありません。

�D自立すること

 だからといって、薄すぎると会議の間中どこかに立てかけておかねばならず、そうした場所がないときは本等に不便です。

�Eポケットの数

 ジッパーを開かず、上から直接出し入れのできる大きなポケットが必要です。それと同時に、安全を考えると二重のジッパーに守られたポケットも必要です。

 今回買ったものは、鞄幅のポケットが両側にひとつずつ、ジッパーで開いた中にさらにジッパーで守られた小さなポケットがあり、そこに保険証などを入れてあります。

�F手入れがしやすいこと

 さまざまなことを考えると、皮製の鞄が一番いいのですが、今回は布製にしました。とにかく皮は高価な上に手入れが疎かにできません。その点、布製はとても便利です。

 考えたのはそういった点で、実際に買ったものは80点程度のものでした。自立性にやや難がありますので。