金曜日は


 すばらしい入学式でした。

 来賓の方々も口々に誉めてお帰りになりました。

「今年の一年生、しっかりしているね」

 しかし私は少し違うと思いました。しっかりしていたのは新2年生から新6年生で、その雰囲気に新入生も飲み込まれたのだと思うのです。

 1年間、全校集会のたびに先生方が、静かな入場を心がけてくださったおかげだと思っています。全校の集まる場は静かにするものだということが、すっかり定着しています。新入生が入って多少雰囲気は変わりますが、きっと今後も大丈夫でしょう。

 4月はすべてのことが「今年度初めての〜」と言うことになります。片っ端全部行うと大変ですが、清掃をなどいくつか重点を決め、高いクオリティからことを始めたいものです。最初に高くしておいてそれを維持するのは比較的楽ですが、後から高めていくのは容易ではありません。

 その意味で気の抜けない一週間ですね。