「成績を伸ばす子」~けなげで、ひたむきな、素直な子

 教員を長年続けているうちに、成績を伸ばす子というものに類型があることが分かってきます。

 まず全員が確実に言うことは「努力できる子」です。これはもう当然でしょう。その後が多少違ってきます。
 ある人は「明るい子・(人の話を)よく聞ける子・素直な子」と言います。
 別のある人は「強く願いを持つ子・良い意味で恥ずかしがる気持ちを捨てられる子・素直な子」と言います。
 私自身は、「けなげ・ひたむき・すなお」ということを繰り返し言ってきました。

 私の個人的な語の定義ですが、
 「けなげ」というのは、自分の力を超えるものに立ち向かうということです。
 「ひたむき」というのは、一生懸命がんばる姿です。そして、
 「すなお」、これは言うまでもないでしょう。

 いずれにしろどんな言い方をしたところで、結局すべてに共通するのは、「努力できること」と「素直であること」です。

 何でも親や先生の言うことを聞く必要はありません。批判精神は大切です。しかし何かをする前に批判するのではなく、まずやって見る。その上で、
「先生! 先生の言うとおりやってみたけど、ダメだったよ」
 そう言えばいいだけのことです。やってみる前から、
「そんなのダメに決まってる」
 そんなふうに考える子は絶対に伸びません。

 素直な子、育てたいですね。