家族の一生

 二人の子がいて、下の男の子は今年中学校1年生です。13歳ですから、この子が家族に加わって13年目ということになります。別な言い方をすれば親子4人である私の家族の歴史が、13年と言うことです。

 上の女の子は高校2年生で卒業をしたら家を離れると言っています(多分,その通りになるでしょう)。女の子ですから、おそらく二度ともどって来ません。そうなると4人家族の歴史はあと一年、全部で14年で終了です。

 家族の一生は人の一生よりずっと短いものです。私が70歳まで生きるとすると、そのたった五分の一です。

 私たちにはやりがいのある仕事とすばらしい仲間がいます。また、好むと好まざるとによらず、目の前には大量の問題があります。しかし先生方、仕事とともに家族もまた大切にしなくてはなりません。家族の一生は人の一生よりずっと短いのですから。