危機管理の『さ・し・す・せ・そ』

 言わないでいいことを山ほど言っているのに、言うべき大切なことを話していないということがあります。

 頭が整理されていないからでしょう。同じことを何度も話しながら、これは当然話してあるに違いないと思ってアナにしている・・・。

 昨日、ある先生と話しているうちに危機管理の『さ・し・す・せ・そ』についてまだ話してなかったことに気づきました。半年前(1年?)くらい前に聞いてとても感心したのだから、そのとき話しておけばよかったのですが。

 危機管理の『さ・し・す・せ・そ』とは、

    さ:最悪の事態を考え

    し:慎重に

    す:すばやく

    せ:誠意を持って

    そ:組織的な対応を

 ということだそうです。

 私はこの中で「さ:最悪の事態を考え」というのが一番好きで、それこそが危機管理だと思っています。そしてこうした考えだけが、明確な指針となり私たちにエネルギーを与えてくれると思っているのです。

「慎重に」も「すばやく」も全くその通りですが「誠意を持って」には少し説明がいるかもしれません。というのは、この場合、真の意味で誠意があるかどうかは問わないからです。

「誠意」は今やかなり様式化しています。

 例えばそれは「情報を小出しにしない」ということです。あいは「(必ずしもホントのことを言う必要はないが)ウソはついてはいけない」とか、「問題への対策は、普通の感覚で『これくらい必要』と思われることのちょうど3倍おこなえ」とか「(ソフトバンク孫社長のような大物でない限り)マスコミの前では代表3人以上で立って深々と頭を下げて謝れ」とかいったことです。あるいはまた、「将来不誠実にならざるを得ないようなことは絶対に約束しない」とか「翻さなければならないような前言は出さない」とかいったことも誠意です

「気持ちがないのに謝るのは誠意のないことだ」などと難しいことを言ってはいけません。今や誠意は様式なのですから。

「組織的に」

 そうですね、いつぞやの交通事故のときのように、みんながそれぞれ自分の持ち場を守り、みんなで助け合ってやれればいいですね。

 ところで、不審者対策の「いかのおすし」とか、栄養バランスの「うちのまごはやさしい」とか、調味料の「さしすせそ」とか、みんな言えます?