「読書週間に」

 

 職員会で読書旬間の計画が出ました。以前、何か図書新聞のようなものに書いてあった詩ですが、なかなかいいものなのでここに記しておきます。学年だよりなどでも紹介してみてください。

 

 

こどもたちよ

                                   茨田 晃夫

 

こどもたちよ。

私がお前たちに遺してあげられるものは、あまりにも少ない。

兄弟けんかも起こらないほどの僅かな財産と、正直だけが取柄の血筋、何枚かの写真。

そして、書棚の古びた本と、読書を苦痛に感じない習慣…。

伝えるものはそれですべてだ。

  (中略)

想像の翼を持たない者は、いつまでも夢にとどかない。

幸いお前には、インクの染みのような活字の羅列から物語を創造できる力を持っている。

小さな頃、寝床で本を読んできかせるとお前は目を輝かせていた。

その頃の興奮を忘れないでほしい。

こどもたちよ。

私がお前たちに遺してあげられるものは、あまりにも少ない。

兄弟けんかも起こらないほどの僅かな財産と、正直だけが取柄の血筋、何枚かの写真。

そして、書棚の古びた本と、読書を苦痛に感じない習慣…